So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴーヤのガン予防・改善効果 [ダイエット]

ゴーヤに含まれる苦味成分のひとつであるモモルジシンは、大腸壁を刺激し、腸の蠕動運動を活発にするため、便秘の予防や改善にも効果的です。
さらに、ゴーヤのガン予防・改善効果は、マウスにゴーヤの抽出物を与えた実験でも明らかになっています。腫瘍細胞を発生させたマウスに、ゴーヤの抽出物を投与したところ、腫瘍の増殖が、大幅に阻止されるという結果が出たのです。これは、ゴーヤに含まれるレシチン類が作用したものと考えられます。レシチン類は、細胞膜の構成成分。このレシチン類の働きによって、個々の細胞機能が正常化され、体全体の免疫機能の向上につながったのではないでしょうか。

ただし、この抗腫瘍作用は、レシチン類だけでは説明のつかない部分もあり、ゴーヤに含まれる他の成分との相乗効果によってもたらされていると思われます。しかし、裏を返せば、これは、ゴーヤにはそれだけ多種多様の有効成分が含まれているというあらわれでもあるといえるでしょう。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。