So-net無料ブログ作成

黄連羊肝丸の詳細説明 [漢方薬のいろいろ]

黄連羊肝丸の詳細説明

黄連羊肝丸の概説

 黄連羊肝丸は北京同仁堂から造れた黒褐色の大蜜丸で、味が苦です。黄連羊肝丸は肝火旺盛(怒れば気が上逆する)による目が赤くて腫れ痛み、視力が減退、光に弱く、明るい光線で涙がポロポロ出る、風にあたると流涙するなどに用いられます。

黄連羊肝丸の成分

黄連(おうれん)、胡黄連(こおうれん)、黄芩(おうごん)、竜胆(りゅうたん)、柴胡(さいこ)、青皮(せいひ)、木賊(もくぞく)、密蒙花(みつもうか)、茺蔚子(じゅういし)、決明子(けつめいし)、石決明(せっけつめい)、夜明砂(やめいしゃ)、鮮羊肝(せんようかん)

黄連羊肝丸の働き

瀉火(熱の過剰な状態を改善すること)、明目(視力を高めること)の作用があります。

黄連羊肝丸の注意事項

黄連羊肝丸の使用前の注意

1、使用前に必ず添付されている説明文書をお読みください。 
  また、必要な時に読めるように大切に保管してください。 
2、用法・用量を厳守して下さい。

黄連羊肝丸の禁忌

メーカーからの報告がありません。

黄連羊肝丸の保管

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。 
(2)小児の手の届かない所に保管してください。 
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)

黄連羊肝丸の用法・用量

1回1丸を1日1~2回、水まだはお湯で服用してください。 
服用の詳しい方:外包を割り、中の丸薬を小さく切り、数回に分けて飲んでください。或いはそのまま、かんで服用してください。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0