So-net無料ブログ作成
検索選択

月経痛について

 月経痛とはなに?まずなぜ月経痛になるかを知っておきましょう。

 月経が始まると、経血をスムーズに排出するために「プロスタグランジン」という血管などを収縮させるホルモンが分泌されます。これによって子宮が収縮し、周りの臓器や腹膜が引っ張られ、痛みを感じる神経に影響して月経痛となるのです。

 つまり、月経痛の原因は、強い子宮の収縮と考えられています。

 本来ならば多少下腹部にだるさや重苦しさを感じる程度です。日常生活に支障が出るほど月経痛がツラい人は、プロスタグランジンの分泌量が多い(体質・食生活など)体の構造的に経血が排出されにくく、そのため強く子宮を収縮させる必要があるという2つの原因が考えられます。

 まず、骨盤が歪んでいる、経血の量が多い、子宮頚部の開きが悪い、冷えや血行不良で子宮周辺の流れが悪いなどの症状があると、過剰に子宮が収縮させられてしまい、強い痛みとなって出てきてしまうのです。

 また、動物性食品に含まれる飽和脂肪酸を摂りすぎているとプロスタグランジンの生成量が多くなってしまうという調査結果も知られています。

 これらの原因は、食事改善やストレッチなど、自分で改善を試みることができるものなのです。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。