So-net無料ブログ作成
早漏防止対策 ブログトップ

EDが疑われる症状 [早漏防止対策]

あなたにEDの疑いがあるかどうか。「私はそうじゃない」と思っている人も手始めに、ここでごく初歩的なチェックをして.みましょう。以下、四つの質問を提示しますので、YES、.NOで答えてください。

過去六か月の問に、あなたは、
1、常に勃起を達成し、維持させることに自信がありましたか。

2、勃起した際に、常に挿人するのに十分な硬さになりましたか。

3、性交あるいは性的行為が終わるまで、常に勃起を維持することができましたか。

4、勃起を達成し、維持させる能力について満足しましたか。

以上、四項目の質聞に一つでもNOの回答があった場合、EDの疑いが濃厚になります。

なお、EDの症状には個人差がありますが、おおかた次のような症状によってランク別に分けることができます。

「たまにできない」…..(軽症)

「時々できない」………(中等症)

「常にできない………….(重症)

治療の目安として、たまにできない(軽症)という症状は、パートナーとの前向きの対応によって改善される余地がまだ残されています。しかし、中等症や重症ランクの症状は、専門医の診察、治療が必要になります。また、たとえば性行為が妻とはできないが、ほかの女性とならできる人もEDといいます。

我が国のED患者は、推定で千百、二十万人(軽症.を除く)といいましたが、これを先のランク別に分けてみますと、四十代の中等症は一、20%前後、五十代で20%前後、六十代で60%前後が中等症以上の患者数といわれています。

また、最近の一般市民意識調査(二〇〇〇年四月11博慈会記念総合病院、口本大学医学部泌尿器科、東邦大学医学部第一泌尿器科、聖マリアンナ医科大学泌尿器科の合阿調査11)によりますと、既婚男女.(一、一十~七十九歳)の調査で、既婚男性の三〇%がEDを自覚しています。これには軽症も含まれていますが、男性、女性からも見た数字で一致していますので、ほぼ正確なデータといえるでしょう。

問題は、こうしたEDを白覚した人で、どの程度の症状以上の人が専門医の治療を必要とするのでしょうか。本人とそのパートナーが、治療は必要ないと思っている場合は治療の必要はありません。ただし、本人が治療の必要はないといっても、パートナーが治療を求めれば、やはり治療は必要ということになります。
タグ:ED

共通テーマ:健康

ED治療薬を使っても子作りに悪影響はない? [早漏防止対策]

ED治療薬を使っても子作りに悪影響はない?

ED治療薬の効果で首尾よく勃起しても、副作用による精子への影響を考えると行為に没頭できない…という悩みを抱える患者さんもいます。今回は子作りをめぐるED治療薬の役割を考えてみましょう。

「どんな矛(ほこ)も通さぬ盾(たて)」と「どんな盾も貫く矛」とを売っていた男が「では、その矛でその盾を突いたらどうなるのか」と問われて答に窮した——。ご存知「矛盾」という言葉の元になった故事です。

典型的なED(勃起障害・勃起不全)のうちでも「排卵日ED」は、子作りのために頑張ろうとすればするほど、男性器が言うことを聞かないという事態を招きます。

また、ED治療薬の効果で首尾よく勃起しても、副作用による精子への影響を考えると行為に没頭できないという悩みを抱える患者さんもいます。


共通テーマ:健康

「加齢による衰え」とあきらめたくない [早漏防止対策]

55歳の時に単身赴任で家族から離れて暮らすことになりました。帰るのは月に1度くらい。妻も毎月のように赴任先へ来てくれたので、2週間に1度くらいは性生活がありました。

初めの頃は新婚に戻ったようで新鮮な気持ちでしたが、そのうち勃起するまでに時間がかかるようになり、“中折れ”することも多くなってきました。一人暮らしが淋しくて毎晩お酒を飲むようになっていたので、飲み過ぎだなと反省。お酒の量を控えるようにしたのですが改善するどころか、ついにほとんどダメになってしまいました。

妻には浮気を疑われました。「目の届かないところで何しているの?」って。こちらも原因が分からないだけにイライラし、夫婦の仲もギクシャクするように。3年後に家へ戻った時には寝室は別々になっていました。それから11年、何とかして男として復活したいと精力剤を試したり、いろいろな本を読んだりもしました。私は少し血圧が高めなのですが、それ以外はいたって健康。やはり加齢によるものなのか???と一時はあきらめていました。

しかし同年代の友人と話していると、みんなまだまだ盛んな奴が多い。中には糖尿病でEDになったが、治療薬のおかげでセックスを楽しんでいるという話もあり、思わず身を乗り出しました。これまでは体も悪くないのに薬を飲むことに抵抗があったのですが、その効果を聞いて、ぜひ私も試してみたいと思っています。

なぜ30才を過ぎてから早漏になるのですか? [早漏防止対策]

なぜ30才を過ぎてから早漏になるのですか?昔は早漏ではなかったのに、急に早漏になったという様な人は、精力減退の証拠かもしれないです。

なぜならば、若い頃の早漏は、ほとんど単にペニスの尖端が敏感なために起こる早漏です、言わば過敏性早漏です。30歳を過ぎてからの早漏とは、射精をコントロールする射精閉鎖筋という筋肉の筋力、働きが鈍く、弱くなったために起こるため、衰弱性早漏とも呼ばれてます。

これは例を挙げれば、老人がオシッコを漏らしてしまうのと同じことで、老人は、漏らそうと思って漏らしているのではなく、尿道を閉鎖する筋肉を自分でコントロールできなくなったために結果的に漏らしてしまっているのです。

そこまでひどくなくても、中年になると、オシッコの切れが悪くなるということがよくありますが、これも尿道を閉鎖する筋肉の働きが弱くなったために起こる症状です。

このように30歳を過ぎてから早漏になるのは、若い頃の早漏とは根本的に違って男性ホルモンの分泌が盛んならば起こらない症状なのです。なので、男性ホルモンの分泌が盛んになるよう食事やサプリメントなど外から働きかける事で、精力を補強し、早漏を防止する事ができるのです。

タグ:早漏 敏感 感射
早漏防止対策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。