So-net無料ブログ作成
検索選択
夜の性生活 ブログトップ

「生理」に潜む怖い病 [夜の性生活]

女性が一生のうち長い間付き合っていく「生理」。生理にまつわることの中には「大丈夫でしょ?」と見過ごされがちな病がいくつも隠れています。

月経不順(生理不順)

生理に関する悩みで一番多いものがこの「月経不順」です。月経周期は「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」を表します。それが約25?38日であれば正常とされ、それ以外は「月経不順」と言われています。

・頻発月経 月経周期が24日以下の場合
・希発月経 月経周期が39日以上の場合
・無排卵月経 排卵せずに月経が来ている場合
・無月経 3か月間全く月経が無い場合

月経不純や無月経の原因は沢山あります。例えばホルモンバランスストレス、不規則な食生活、睡眠不足、ダイエット等でもおこりますし、卵巣?腫等の器質的な病気でも起こります。

2?3か月程度の月経不順があっても、その後正常な周期に戻れば特に心配はありません。しかし、2か月以上月経が全く来ない場合は早めに婦人科を受診して下さい。妊娠や卵巣機能低下の可能性もあります。

生理痛

月経の時に多少なりとも下腹部痛や腰周囲の重みを感じる人は多いと思いますが、その程度であれば問題はありません。ただ、痛みが強く日常生活に支障をきたすような月経痛は「月経困難症」とよばれる病気です。

月経困難症には特に原因となる疾患のない「機能性月経困難症」と何らかの疾患によって起きる「器質性月経困難症」の2種類があります。

機能性月経困難症をきたす女性は、子宮内膜から生成される物質プロスタグランジン(PG)が多いことが報告されていて、これが子宮筋を過度に収縮させたり、血管を締めて子宮筋の虚血を引き起こしたりして症状が出ると推測されています。「器質性月経困難症」で多い原因は子宮内膜症や子宮筋腫で、その場合は月経痛もひどく出血量も多くなります。

月経困難症の症状は、下腹部痛や腰痛だけでなく頭痛や嘔気、下痢、便秘などが起こることもあります。ただの生理痛だと放置せず早めに婦人科を受診しましょう。


タグ:生理
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

パートナーへの相談 [夜の性生活]

ED(勃起機能の低下)もあなた一人の問題ではありません。パートナーにも大きな影響を与えています。あなたが悩んでいる以上にパートナーもそのことを気にかけているかもしれません。EDの治療を受ける際には、パートナーの理解を得ることも大切なことです。なかなか話しづらいことかもしれませんが、まず、勇気を出して自分の悩みをパートナーに打ち明けましょう。恥ずかしがらずに今の状況を正直に伝えることが肝心です。自分のためだけでなく、二人のために治療を望んでいることも伝える必要があります。きっとパートナーもあなたの気持ちをわかってくれることでしょう。EDは、誰にでも起こり得る病気で、しかも多くの場合、治療が可能です。ED を克服して、パートナーとのコミュニケーションを改善し、人生をより豊かなものにしましょう。


♀女性の方へ
男性にとってED(勃起機能の低下)は女性が考える以上に深刻な問題で、男性としての 自信やプライドにまで大きくかかわっています。 そしてパートナーであるあなたに自分の方からはなかなか切り出しにくいことがらです。思い切ってあなたの方からパートナーに「一人で悩まないで」と伝え、悩みを共有してあげて下さい。あなたのパートナーがEDの治療を受ける際に、あなたの理解を得ることはとても大切なことです。あなたも治療を望んでいることを恥ずかしがらずにパートナーに伝えて下さい。また、年だからとか治療法がないからとあきらめないように、元気づけてあげましょう。EDは、男性であれば誰でも起こり得る病気で、しかも多くの場合、治療が可能です。医師に相談することを勧めて下さい。二人で協力してEDを克服し、パートナーとのコミュニケーションを改善し、人生をより豊かなものにしましょう。


「包皮」の手術が必要か? [夜の性生活]

包皮が長い、オナニー後亀頭部に痒みが出る、さらに吹き出物が出てつぶつぶ状態になる、これは亀頭包皮の皮膚病です。 身体のほかの部分と同じで、この部位の皮膚も、摩擦刺激、 不潔、汗かきのにより痒くなったり、吹き出物が出たりすることはよくあることです。 普通の人はこの部位の異常には非常に敏感で、特に、性行為のあった者は、性病をうつされたと思いがちです。あるいはオナニー後等は心理的な不安もあり、さらに恐怖に感じてしまうこともあるでしょう。本当は、ほかの皮膚病と同じような注意「清潔を保ち、薬を時間どおり塗りつけ」をすれば、簡単に快癒できるもので、痒みにがんまんできないときは、あせもパウダーをつければよいのです。


手術の判定基準

包皮を切るべきかどうかの話になると、医師たちは一定の基準を持っています。
完全性あるいは不完全性包皮が長い場合は、細い皮環があることで、包皮の清潔を保ちにくくなっています。時には静脈血の回流も困難となり、これを医学上?嵌頓包茎?と言い、この場合は、併発症を防止するために包皮を切除しなければなりません。
包皮上に白斑や肉腫などが出た場合も、陰茎癌の前兆かもしれないので、早く切除しなければなりません。
花柳病や疱疹などの性病にかかった場合、再発したら包皮切除する必要があります。長い包皮にこれらのウィルスがよく隠れているからです。
包皮による亀頭炎の場合は、泌尿系統に影響が出てくると、おしっこも困難となり尿道口も変形してしまいます。この場合は、包皮切除しなくてはいけません。   
切除は簡単な手術です。局部麻酔で、あまった皮を切除して、止血後肉糸で縫合するだけなので、入院の必要はありません。手術後、消炎痛み止めの薬を三日間ぐらい服用し、毎日患部の塗り薬を交換しなければなりませんがシャワーは浴びてもかまいません。お風呂は1週間入浴しない方が良いでしょう。抜糸する必要はなく、亀頭は普段出ているはずです。理論上後遺症になる心配も全くありません

ふたりのED体験記 [夜の性生活]

ふたりの絆がこわれる前にED治療に踏み出せて良かった。

離れて暮らす新婚時代。さらに試練が二人を襲う。

高岡一郎さんと茜さんは、結婚3年目の初々しいご夫婦です。笑顔が優しい一郎さんと、まだ少女のような面差しの茜さん…とてもお似合いのふたりで、交わす眼差しにもお互いへの思いがひしひしと伝わってきます。そんな、幸せを絵に描いたようなカップルですが、実は大きな試練を乗り越えてこられたのです。一つめの試練は、新婚早々の別居。一郎さんの仕事の都合で、結婚してすぐに離れて住むことに。「それでも週末には会えますし、逆に新鮮だったりして…」と茜さん。遠距離恋愛のようなときめきが、おふたりの仲をさらに深くしていったようです。「そう、離れて住むだけなら何の問題もなかったんですが…。」一郎さんがぽつんと言いました。

原因は仕事のストレス。ふたりの関係もギクシャク。

たまにしか会えないぶん、会ったときにはしっかりと愛し合いたい…そんな気持ちとは裏腹に、一郎さんに「途中棄権」が増えてきたのは、まだ新婚1年目のことでした。「最初は疲れているからだと思っていたんです。ちょうどその頃、仕事が忙しかったり、職場の人間関係が上手くいかなかったりで、ほんとうにストレスフルな毎日だったから。けれど、だんだん棄権する回数が多くなって、これはおかしいぞと。」しかし自分がEDであることを認めることができず、一郎さんはセックスを避けるようになっていきました。茜さんは、その頃のことを「毎日が辛かった」と振り返ります。「元気出して、がんばって、なんて言って逆にプレッシャーになるのもかわいそうでしょう?それに離れて暮らしているから、そんなことがあると疑心暗鬼にもなりますよね。もしかして浮気?なんて。私にもう魅力がなくなっちゃったのかな、と一人で泣いたこともありました。」性生活がなくなったことで、夫婦はお互いに自分を責め、いつしか関係もギクシャクしていったといいます。

「病院に行こう」その決心がつくまで。

このままだと離婚にもなりかねない。将来は子供だって欲しい。解決に動き出したのは一郎さんでした。「EDかもしれない、と彼女に打ち明けたんです。」そう言われて茜さんは「ショックというより、むしろホッとしました。浮気じゃないことがわかったし、これで二人で問題に向き合えると思ったから。」茜さんはまず看護師の友人に相談し、ED治療薬を勧められました。「ED治療薬って高齢者が飲むイメージがあったんですが"今は若い人も飲んでいるのよ"って。」一郎さんもインターネットのEDサイトを検索するなどして情報を集め、ED治療薬が思った以上に普及していることに驚いたそうです。「最初はこっそりネットで薬を買おうと思ってました。でも僕が見た病院のホームページが非常に充実しており、そこで診てもらいたくなったんです。理由は自分のEDは何が原因なのか、きちんと知りたかったから。ネットでの購入だとわからないままですよね。」訪れたのは、近くの泌尿器科。一郎さんはストレスによる心因性のEDと診断され、治療薬が処方されました。「とても簡単であっけなくて、なぜもっと早く行かなかったのだろうと思いました。」

ED治療がふたりの絆も修復してくれたのかもしれない。

はじめてED治療薬を飲んだとき、「その効果は、はっきりと実感できました。」という一郎さん。「特に体が火照るとか動悸が速くなるとかは全くなく、普段と全く変わらないので、薬を飲んだ実感があまりなかったのですが、いざ、ことに及ぶと…。」しかし、最近では治療薬のお世話になることも減りつつあるといいます。「病院に行くのも半年に1度くらいになってきました。ずいぶん回復していますね。」もうすぐ子供も作りたいよね、と茜さんも嬉しそうです。おふたりの仲の良さは、かつて亀裂が入りかけたとは思えないほど。「いちど問題が起こって、それを乗り越えたからこそ今の自分たちがあるんです。」と照れくさそうにのろける一郎さんは最後に、こう締めくくりました。「EDのことを話し合ったり、病院へ行くことを躊躇する気持ちは僕たちがそうだったから、よくわかります。でも、そこで一歩踏み出す勇気を持って欲しい。"あの時行動して良かった"と、必ず思いますから。」

主治医からのコメント:

若い人のED診療は血管性EDに対する配慮が必要ですが、心因性のEDもよく相談を受けます。心因性の原因は非常に多岐にわたり、性交渉に対する自信のなさや緊張、その他にも(自覚しにくいのかもしれませんが)仕事のストレスも知らず知らずのうちに原因となることがあります。

今回ご協力くださったご夫婦は、受診時から心因性EDが疑われるケースでした。

効果がなければいろいろと考えないといけないところでしたが、幸い内服薬の効果を得ることができました。心因性EDの若いカップルの場合は、原因にもよりますが、悪い鎖を断ち切ることにより薬を内服する必要がなくなる場合もよくあります。患者さんの喜びは臨床医として診療を続ける上でたいへん大きな活力になります。

実際のED治療は予防医学では実感できにくい治療効果が手に取るように実感できます。患者さんにはそのように申しませんが、間違いなく、このご夫婦からも私は大きなエネルギーをいただきました。


タグ:体験 ED ふたり
夜の性生活 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。